立川市の内科、循環器内科、皮膚科、形成外科、甲状腺疾患ならやましたクリニック

〒190-0033 東京都 立川市 一番町2-36-5-3F

042-569-7555

AGA治療

AGAって何?

頭頂部 進行の程度には個人差があります。

AGAとは、男性に多く見られる脱毛症で、「男性型脱毛症」の略です。
AGAは、他の脱毛症と異なり、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方からうすくなり、進行していくのが特徴です。細くて短い髪の毛が多くなり、全体としてうす毛が目立つようになります。一般的にDHTや遺伝が関係するといわれています。
また、AGAは進行性で、何もしないでいると徐々に進んでいきます。進行を抑えるためには早めのケアが大切です。AGAについて医療機関に相談できる時代です。
うす毛・抜け毛が気になっているなら、あきらめる前に医師に相談してみませんか?

当院では、進行遅延のお薬「プロペシア錠」を処方しております。
薄毛・抜け毛が気になっているなら・・・
あきらめる前に医師に相談してみませんか?

万有製薬株式会社のホームページで詳しい内容が紹介されております。

ご興味のある方はAGA-newsをご覧ください。

AGA治療料金表

AGA
(男性型脱毛症)
初受診時 初受診料+処方料 3,310円(税別) (当院での支払い分)
プロペシア(28日分) 7,000円(税別) (薬局での支払い分)
ザガーロ(30日分) 8,500円(税別) (薬局での支払い分)
フィナステリド(28日分) 4,500円(税別) (薬局での支払い分)
再受診時 初受診料+処方料 1,840円(税別) (当院での支払い分)
プロペシア(28日分) 7,000円(税別) (薬局での支払い分)
ザガーロ(30日分) 8,500円(税別) (薬局での支払い分)
フィナステリド(28日分) 4,500円(税別) (薬局での支払い分)

【プロペシアについて】・・・詳しいことは、医師にご相談ください。

  • 一日一回、内服してください・・・
    6ヵ月しても抜け毛が直らない場合は、医師にご相談ください。
  • 肝機能障害のある方は医師にご相談ください
    (肝臓で代謝されるお薬です。服用中に肝機能異常が見られた報告があります。)
  • 副作用は・・・
    国内で実施された臨床試験(1年間)において4.0%(247例中11例)に副作用が認められています。
    性欲減退1.1%(3例)勃起機能不全0.7%(2例)。
    そのほか、食欲減退・全身倦怠感(肝機能障害)・乳房障害・抑うつ症状などの症状が出現する場合があります。
    内服開始後2週間~1カ月くらいで「初期脱毛」がおきる可能性があります。
    プロペシア、フィナステリドの服用中は、献血ができません。服用中止から1カ月以上経過していれば、献血が可能です。
    ザガーロ服用中、およびザガーロを服用した最後の日から6カ月間は献血ができません。
    また、服用中は輸血ができません。